CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
B・G・M 10 feelin’ world #ground rhythm
B・G・M 10 feelin’ world #ground rhythm (JUGEMレビュー »)

・camel
・sun
・glacier〜silk road#1.
・cherry blossom〜
silk road#2.
・weed〜silk road#3.
・quick sand〜silk road#4.
・angela〜silk road#5.
・white ocean〜silk road#6.

song writing by Kaz
8曲楽曲提供
RECOMMEND
プロレスリング・ノア・テーマ・アルバム DEPARTURE
プロレスリング・ノア・テーマ・アルバム DEPARTURE (JUGEMレビュー »)
プロレス,プロレス(NOAH)
Disk1 #7
Vocal Direction
and Sing,screaming
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

Love Live vol.3
Vocal direction
RECOMMEND
FOUNDATION
FOUNDATION (JUGEMレビュー »)
Siamese,飯田高広
offered Guitar
<< ブラックフライデー | main | 罪悪感 >>
ボランティア報告

7月初頭に西日本を襲った集中豪雨被害後
何度か物資を持って行った事から
都内や関西、九州…全国の仲間が物資をCat ch.22へ送ってくれた。

当初は、とにかく水が無かったので
集まった1000ケースにも及ぶミネラルウォーターを
被害の酷かった三原船木、呉市へ届けに
集まった義援金、237816円全て寄付する事が出来た

ボランティア活動にも積極的に行い
長期戦になる事は予想出来たので
今年一杯は、辞めずに続けようと決めて
スケジューリングを組んだ。
週2回、水曜日と日曜日に行く事にして
次第に一緒に行く仲間も増えた。

都内から兄貴分の先輩も手伝いに来てくれた

ぶっ倒れそうな猛暑の7月、8月。
実際、一緒に行った仲間も数人倒れたし
熱中症の恐ろしさを目の当たりにした

泥まみれだった作業が猛暑で、
逆に水不足になり砂埃の中の作業。

結膜炎になりながら、泥やホコリにまみれた数ヶ月

次第に涼しくなり、土砂かき作業も減り
11月に入って避難所生活者は0人になった

床を剥ぎ、壁を落とし、あとは復旧作業となった家が増える一方で
復旧工事出来る大工さんや、工務店が足りない事で
未だに自宅に戻れない人も多い


しかし、避難所は0人。
自宅に住めなくても、避難所には被災者は0人

ボランティア作業先の方に事情を聞くと
1人減り、2人減りする避難所に
少なって来る被災者の方は、段々と居づらくなるのが現実だそうだ

決して追い出される訳では無いが
無言の圧力もあるだろう

実際、お手伝いしてた家の方も
離れた市内に賃貸仮住まいを借りて生活してるそうだ。

仕事もリタイアし、自宅は床も壁も無い
仮住まいに、ただ居るのは忍びないので
日中は自宅に戻って、庭の掃除をしたりする日々

家を直して欲しいが、業者を待つばかり
残念ながら年内に業者が来てくれる事は無く
順番待ちの状態だそうだ

水没した町の家の数は、このエリアの大工総出で働いても
とても追いつかないだろう

無念な想いで、この町を離れる家族も少なく無いそうだ。

公式ボランティアの募集も金、土曜のみになり
募集数も、少なくなってる


ボランティア内容も、炊き出しの炊飯スタッフや無料のカットサービス
子供の遊び相手や無料ヘアカットやマッサージ

力自慢のマンパワー炸裂!的な
今まで僕達がやって来た内容は無くなり
メンタルケアも含めた女性たちのボランティアが充実して来た感じだ。


先週は無理だったが、本日は行けるので
連絡した所、今のところ当面は大丈夫です!と断られた。

男手が必要無くなったのは、ある意味、
少しだけ復興に近付いたのかな?
30回以上、現地へ行って身体張って来ましたが
復興しました!とは決して言えないけど
少しづつ元に戻って来たのかな?

とりあえずボランティアも声が掛かるまで
お休みって事かな。

一応、託された仲間達の物資、義援金、気持ちは届けたつもり。

行った分、ガッツリ働いて来て
何度も顔合わせた、おっちゃんや、おばちゃん達が
初めは落胆し、泣いてた人も居たけど
仲良くなり、顔出すと喜んでくれたりと
こっちが救われた気がしてた。

少し時間置いて、今度は、差し入れでも持って遊びに行こうと思う。


段々と寒くなって来たから、
おばちゃんとか心配だけどね…


とりあえず、ひと段落で良いのかな?
何だか、呆気ない感じで終わった気がしますが
ま、SOSあったら言ってや!
って事で(^^)

一応、仲間達への報告も兼ねて、
Kaz.ボランティア部隊の近況でした
| Colum | 23:47 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |
コメント
Kazさんと現地に行かれたボランティアの皆さま
本当に、お疲れさまでした!
| タマ | 2018/11/26 11:34 AM |
昨夜拝見して・・言いようのない色々な感情が。
すぐコメントも入れられない複雑な想いが・・

猛暑の疲れは日常生活おくっているだけでもドン!と来ています。

Kaz.さん、一緒に作業された方々、少し休んでください。

こうやってきちんと皆さんへの報告もアップしてくださって(^^)
お疲れ様!


| リーホァ | 2018/11/27 1:05 AM |
タマさん
その節はお世話になりました
本当にありがとうございました!
ちゃんと届けましたよ〜

リーホァさん
ありがとうございます
なんか、これで良いのか?と罪悪感みたいな感情もあり…

ですが、色んな意味で無力なんですよね…
ホント
| Kaz. | 2018/11/27 2:54 AM |
コメントする